悪酔いしないために

楽しく飲むには


 
ショーパブは自然とテンションも上がり、お酒を飲むのが楽しいですよね。
しかし後先考えず、テンションに流されてお酒を飲んでしまうと、気持ち悪くなったり悪酔いしたりで、折角の楽しい雰囲気も台無しです。
自分の為にも、周りの為にも、悪酔いしないような飲み方を心がけましょう。
 

なにか食べながら飲む

空腹の状態のままお酒を飲むと、肝臓でのアルコール分解作業が間に合わなくなり悪酔いしてしまいます。
なので、必ず何か食べながら飲むように心がけましょう。
おつまみを選ぶ時は、アルコールの代謝を助け、肝機能を高める働きが期待できるものを選びましょう。
アルコールを分解する為に必要なのはたんぱく質です。

おすすめのおつまみ豆腐・枝豆・お刺身・焼き鳥・卵焼き・チーズ・ピーナッツ etc…

またアルコールによって失われがちなビタミン、ミネラルを摂取するために、サラダやグレープフルーツジュース等も積極的に選ぶようにしましょう。
 

ちゃんぽんは悪酔いの原因

色々なお酒を飲むと悪酔いしやすいと言われていますよね。
それは口当たりが変わることによってお酒をどんどん飲んでしまうからなのです。
自分でお酒の量をセーブできない人は、同じお酒を頼むようにしましょう。
 
 

二日酔い対策


悪酔いはしなかったものの二日酔いにはなりそう、と言う時、翌日に響かないように対策をしましょう。

水分補給

とにかく水を飲みましょう。
水分をたっぷりとってアルコールを体外に排出させるのを促します。

おすすめの飲み物水・果汁100%ジュースス・ポーツドリンク・お茶・栄養ドリンク

 
 

飲みに行く前に出来ること

悪酔いや二日酔い防止にには、飲みに行く前から準備するのも効果的です。
飲みに行く前に時間があるのなら、以下のことを試してみてください。

悪酔い・二日酔い対策のドリンクを飲んでおく

今はコンビニなどでも簡単に手に入る酔い対策ドリンクを飲んでおきましょう。
これをするかしないかでは大きな差が出ますよ。
 

脂肪の摂取

二日酔い予防対策で効果がある脂肪を摂取しておきましょう。
ヨーロッパではスプーン1杯のオリーブオイルを口にしてから飲酒するのが習慣となっているそうです。
飲む前にドレッシングがかかったサラダ等を口にしておきましょう。
ただし、摂取しすぎと言うのも良くありませんので注意しましょう。
 
 

迎え酒は止めましょう


 
二日酔いの時迎え酒をすると良くなると言う事を耳にしますが、これは全くの間違い。
アルコールを摂取することで一時的に頭痛や気持ち悪さを感じなくなるだけで、根本的な解決にはなりません。
また後で必ず気持ち悪くなります。
アルコール依存にも繋がりますので、絶対に止めましょう。