ショーパブを楽しみたいならチップを買おう

ショーパブならではのチップ制度

日本ではあまり習慣のないチップ制度。
しかし、ショーパブにはこのチップ制度と言うのが多くの店舗で設けられている。
ショーパブにおけるチップとはどういうものなのか説明していきたい。
 

チップを買う

お店によって異なりますが、チップの料金はだいたい10枚1セットで1000円です。
そして基本セット料金とは別になっていますので、追加でお金を払って欲しい枚数だけ買う事が出来ます。
 

誰に渡すのか

殆どの人が、自分のお気に入りのダンサーさんに渡します。
ダンサーさん側からすると、チップを貰えると給料が良くなりますので、直接的にお気に入りの子を応援できるようになっているのです。
 

渡すタイミングは

ショーが終わった後、ダンサーの人たちは席に挨拶をしに来てくれます。(お店によって若干異なります)
その時に渡すのがベストでしょう。
ショーの感想を言いながら、良かったよと言って渡してあげれば、ダンサーさんは必ず喜んでくれます。
 
 

筆者の経験


さて、ここからは筆者の経験から、チップは多く買っておいた方が良いと言う事をお伝えしていきたい。

これはある時の、まだショーパブに行き慣れていない時の話です。
チップは何枚か買っていたのですが、筆者の近くに座っているお客さんが、大量のチップを持っていました。
その時行っていたお店は、ショーの時間以外はダンサーさんが席の近くに来てお客さんと話してくれたりする所でした。
ここまで書けばお分かりになると思うのですが、そのチップを大量に持っているお客さんが自分の近くにいたことで、周りのダンサーさんは皆その人の所へ行ってしまいました。
ダンサーさんからしても、チップを数枚持っている人間と何十枚と持っている人間が近くにいたら、そりゃ大量に持っているお客さんのところに行きますよね。
数回しか行ったことのないショーパブでしたが、その時ほど寂しいと思ったことはありませんでした。
そして筆者は決意したのです。
チップは多めに買おうと。
 
 

チップを多めに持った結果

周りのお客さんの装備(チップの所持数)にもよりますが、チップは多めに持っていた方がショーパブは何倍も楽しいです。
これは真理です。
だからと言って、破産するほど買いこむのはいけません。
筆者もしがない雇われ労働者ですから、多めと言っても本当に少しだけ多めな感じです。
でも、それだけでも楽しさは格段に良くなります。
自分が考えているチップの枚数より少しだけ多めに買っておくことを、筆者は推奨します。